知的財産セミナー「研究開発会社及び中小企業の知財マネジメントについて」参加者募集 | 神奈川県産業技術センター
ホーム
ページ全体のサイズ
logo
更新日:2016.10.24

知的財産セミナー「研究開発会社及び中小企業の知財マネジメントについて」参加者募集

企業から研究開発を受託して得られた技術成果である知的財産を如何に保護し活用するか、また、企業との知的財産契約を如何に有利に締結するかは、研究開発会社にとって自社の収益を確保する上で重要な課題となります。大企業と接点を持つ中小企業にとっても同様の課題となります。

本セミナーでは、特許、ノウハウ、著作権で技術成果物を如何に保護し管理すべきか、特にプログラムやデザインなどの著作権に関わる知財はどのように保護し活用すべきか、更には研究開発の受託や第三者へ技術成果を受託する場合に留意すべき知的財産契約について初心者にも分かり易く解説いたします。自社収益を確保しようとする中小企業の方々にも参考になると思われます。

講師は岩﨑孝治氏、岡本清秀氏です。皆様のご参加を心よりお待ちしております。

開催要領

日時

平成28年11月22日(火)13:30~16:30

場所

神奈川県産業技術センター

管理・情報棟2階カンファレンスルーム

参加費

無料

募集人数

60名

申込方法

終了しました。

申込期限

平成28年11月21日(月)

お席に余裕がございますので、当日参加も受け付けます。

問合先

神奈川県産業技術センター

企画部企画調整室 知財セミナー担当

E-mail  tizaisien@kanagawa-iri.jp

電話 046-236-1500(代表)

開催内容

第Ⅰ部 技術成果物の知的財産保護の留意点

  1.プログラム、デザインの特許、ノウハウ、意匠、商標による保護の仕方

  2.プログラム、デザインの著作権による保護の仕方

  3.訴訟事例

第Ⅱ部 研究開発会社における知財マネジメント

  1.企業におけるプログラム、デザインの法的保護事例

  2.特許、ノウハウ、意匠、商標、著作権の報奨の取り組み事例

  3.秘密保護契約の留意点

  4.研究開発受託契約の留意点

  5.共同開発契約の留意点

  6.ソフトウェアの特許、ノウハウ、著作権許諾契約の留意点

 

【講師情報】

 第Ⅰ部 岩﨑 孝治 氏

   特許業務法人英知国際特許事務所 代表社員 所長弁理士

   国立大学法人東北大学 特任教授(客員)

    昭和49年に特許庁に入庁する。代表主席審査長、特許審査第四部長等を

    歴任し、平成17年に弁理士登録をし英知国際特許事務所副所長に就任。

    平成19年に特許業務法人英知国際特許事務所を設立し代表社員に就任。

    平成26年より東北大学で特任教授(客員)を務める。また、各地で発明

    相談員、セミナー・研修の講師を務める。

 第Ⅱ部 岡本 清秀 氏

   国立大学法人神戸大学 連携創造本部 客員教授

   岡本IPマネジメント 代表

    昭和45年立石電機(株)(現 オムロン(株))に入社する。知的財産部長、

    知的財産担当顧問を歴任し、平成20年オムロン(株)を退職、岡本IPマネ

    ジメントを設立。平成21年より神戸大学で客員教授を務める。また、大

    阪工業大学大学院知的財産研究科教授(平成22~27年)、日本知財学会

    理事(平成18~26年)、日本ライセンス協会会長(平成18、19年)等も

    務めた。




みなさまのご意見をお聞かせください

  • このページの情報は役に立ちましたか
  •  役に立った    普通   役に立たなかった

  • このページの内容はわかりやすかったですか
  •  分かりやすい   普通   分かりにくい

  • このページの情報は見つけやすかったですか
  •  見つけやすかった 普通   見つけにくかった